今年もパネトーネ始まりました!

2014.11.13 Thursday

0
    JUGEMテーマ:美味しいパン

     


    パネトーネはミラノ風フルーツケーキと呼ばれ、その起源は15世紀にさかのぼります。「大きなパン」という意味で昔は各家庭でマンマが手作りして、親戚や友人に配ったそうです。今はケーキ屋さんで購入しクリスマスから新年にかけて食べられます。ミラノでは毎年パネトーネのコンテストがあり、好きなお店のパネトーネに投票し、NO.1を競って大いに盛りあがるそうです。舌の肥えたイタリアの人たちが食べるのを心待ちにするクリスマスのお菓子、それがパネトーネです。
     
    実は以前、どうしても本場のパネトーネが食べたくて、イタリアから何種類か取り寄せて食べくらべたことがあるのですが、確かに本場のものはとてもおいしい。「濃厚でさわやか、しっとりとして香り高い」これがその時の感想です。ひとつ1万円を超える高価な買い物でしたが、本物に触れることでシエスタのパネトーネづくりにも多くのインスピレーションを得ることができました。本場に負けないおいしいパネトーネをシエスタでも作りたい!そんな心意気で今年もパネトーネお作りします。
     
    シエスタのパネトーネはイタリアのマンマのレシピを参考に作っています。小麦粉、たまご、バター、バニラ、ハチミツなどの材料とごく少量のイーストで計24時間かけて長時間発酵させます。3回にわけて生地をこね、分割・成形し、焼成前にバターをのせてオーブンに入れて、丸1日かかってようやく焼きあがるのです。
    こうしてできたパネトーネは袋を開けるととても良い香りがします。バターの香ばしさ、バニラとハチミツのほのかなあまい香りがふぁっと溢れ出してきます。そして、生地にナイフを入れるときれいな黄金色の生地と色鮮やかなフルーツが姿を現します。ふわっとやわらかく、しっとりした生地は、たまごやバター、はちみつのフレーバーが濃厚にからみあい極上の風味を醸し出します。その生地にオレンジやレモン、レーズンなどのフルーツの爽さわやかさが絶妙なバランスで口の中を潤します。普通のパンでは実現できない深くて広い味の広がりはパネトーネならではだと思います。食べた後、みんながちょっぴり幸せな気持ちになれる、パネトーネはそんなお菓子ではないでしょうか。


    《お問合せ》
    パナデリアシエスタ ~panaderia siesta~
    横浜市青葉区奈良5-4-1-103
    Tel
    :045-963-5567
    HP:http://panaderia-siesta.com/
    ネットショップ:http://shop.panaderia-siesta.com/
    (パナデリアシエスタは、パンのネットショップ販売をしております。)



     
    コメント
    コメントする